2017年7月21日金曜日

低髄液圧頭痛

低髄液圧頭痛

低髄液圧性頭痛は、低血圧の女性に多く、低血圧の一症状だと思われている人も多いようです。全国に約30万人の患者がいると言われています。

【症状】
・頭痛は両側が痛みます。
・軽い時はジーンと痛む感じで、重いときは脈に合わせてズキズキ痛みます。
・うつぶせになると頭痛が軽減しますが、立ち上がるとまた痛みます(起立性頭痛)。
・寝起きが一番痛みます。
・夏場に強く痛みます。
・頸静脈を圧迫すると頭痛が軽減します。
・脱水傾向で頭痛が増強します。
・頭痛の他、めまい、視力障害、吐き気、倦怠感、集中力や記憶力、思考力の低下などが起こります。
【原因】
・脳にある脊髄液が少なくなることで起こります。詳細はまだ不明点が多い病気です。
【治療法】
・診断基準や治療法は確立されていません。対症療法となります。
・安静と水分補給が第一です。
・薬物療法:低血圧の人は、血管収縮薬などで血圧を上げます。
・点滴療法:嘔吐時の水分補給のために行います。
・外科的療法:硬膜が破れて、髄液が漏れている場合は手術が必要です。
・生活療法:水分や塩分を増やしたり、強く腹部を占めて腹圧を上げます。生活を変えることによって頭痛を抑えることを目的としています。


Swanson L-チロシン500mg は脳の全般的な健康やストレスから身体を守る血管収縮薬です。